ニートと五月病、頭痛と謎の魚

日記

 2019年5月24日 晴れ。最近とうとう暑くなってきた。どんどん、体が汗でべたべたするし、頭が痛くてめちゃくちゃだるい。

 何もする気が起きないし、一生横になって暮らしたい。腕を心臓よりも上にあげるとしんどい。マジ卍。

 あれ、五月病かな? 

 たしか五月病とは、社会病の一種で、新入社員や新入生が新しい環境に慣れないことから起こる精神的なやつだった気がするんだけど…

 新しい環境も何も、僕はこの部屋に4年も引きこもっているんだけど…

 めちゃくちゃなじんだ環境で、コピーアンドペーストの日々なんだけど…

4年間以上ずっと同じ位置に置かれている謎の鮭?のフィギュア

 正直、パソコンを開かなければ何月かも分からない日々なので、五月病という季節病?にかかるのはなんか違和感だ。

 だから、本当に五月病か?と思うし、果たして僕が五月病であるかないか、という問題は近所の犬が子犬を産んだくらいどうでもいい情報だろうと思う。

 今はともかく頭が痛くて、これが治るなら、ある程度のものなら何でも差し出したいくらいだ。

 本当に不思議なもので、人間頭痛のときは、頭痛じゃないときの自分がどれだけ幸せだったかを心底考えるけど、日常に戻るとすぐにそんなことを忘れてしまう。

 ズキズキする。今の僕は全ての人が頭痛でないだけ幸せだとさえ思う。

 そんな頭で少し原因なんかを考えてみる。

 思えば、ニートになってからというものの頭痛の回数が増えたような気がする。

 深層心理で将来の不安を感じているからなのか、それとも運動しなくなって不健康になったからか。

 それとも五月病なのか。思えば毎年五月は頭が痛い。

 梅雨を知らなかった子供の頃、毎回夏の前はすごい雨降るなあと思っていたのと同じように、最近はなんか五月になると毎年頭が痛くなるなあと思うし。

 新しい環境にストレスを感じるならば、全く新しくない環境にストレスを感じる“逆五月病”があってもおかしくないんじゃないか。

 そう思って模様替えでもしてみる。

四年以上ぶりに謎の鮭?の位置を変えてみた。

 心なしか頭痛が治まってきたような…うん。

 最近は長時間のネットサーフィンに加えて、ブログも更新しているから、そうやってパソコンの画面を見過ぎていることも原因なのかもしれない。

 もしくは昨日「1日1ターン」の掟を破って、部屋の掃除をし、dmmポイントカードをコンビニに買いに行くという二回行動をしてしまったからなのか。

 もしくはAVを見過ぎたか…うん、これが原因だ。

前回の日記  2019年5月16日 「ニートと親の料理

次回の日記  2019年5月27日 「【熱中症】夏になると早く冬来いと思うけど冬になると夏早く来いと思う

タイトルとURLをコピーしました