【面白い】僕が好きな6つのCMとその理由【感動して泣ける】

泣けるCM YKK AP 生活

Procter & Gamble old spice

The Best of Terry Crews – Old Spice

 元プロフットボール選手のテレンス・アラン・クルーズが勢いだけでデオドラントを宣伝するCM。

 とにかくパワーにものを言わせ、何か叫んでは物を破壊したり、爆発したりするアメリカらしい要素が満載。

 また、唐突に腕が生えたり、分裂したり、頭が取れたり、脳が勝手に旅立って行ったりすることが多々あり、理解できない狂気さも魅力である。

 テレンス・クルーズの髭や脇の毛穴に小さなテレンス・クルーズが住んでいることがあり、さらに小さなテレンス・クルーズの毛穴にもっと小さなテレンス・クルーズが住んでいることもある。

 CMは多くのバージョンがあり、ついつい観てしまう。

 耳に残る「パパパッパッパッパ、パァウァー!!」のメロディーや、予想できない展開。意外と計算されたCMであるという声もある。

 余談:youtubeでは、広告を観るために広告をスキップする自分自身に困惑している外国人達で溢れている。

立山科学グループ オーロラ編 科学は時に壮大なロマンチスト

【CM】立山科学グループ【富山県限定】

 電子部品や精密機械の製造販売を行っている立山科学グループによるCM。

 「忘れ物はないかい?」「スティーブ! 起きろ!」などのキャッチーなフレーズが人気。

 壮大な音楽に、被せ気味の吹き替え、絶妙な調子の解説口調。

 公式ホームページでは、第二弾となる新CMを公開していて、大人になったスティーブやその息子を観ることが出来る。

ビデオライブラリ|立山科学グループ
立山科学グループは、富山県富山市に拠点を構え、国内9社、海外4社で構成されており、電子部品、電子機器、産業用自動生産設備、金属部品加工、ソフトウェア開発・サービス、新エネルギー、IoTなどさまざまな分野の設計・開発・製造・販売に科学技術を発揮しています。

愛知小型エレベーター製造

愛知小型エレベーターCM

 一部の人にカルト的人気があるCM。

 独特な人々が独特な歌声に合わせて独特な動きをする。

 あまりに独特すぎるために、トラウマになった人もいるらしい。

まとめ

 CMというのはある意味では洗脳行為だ。

 音楽やフレーズを人間の無意識に刷り込み、商品を売り込む。

 テレビコマーシャルでは一コマだけ画像が映り込むサブリミナル効果が禁じられている。

 音楽やキャッチフレーズも、程度が違うだけでやっていることは同じだ。

 クラシックなどの名曲に替え歌をのせることも、将来せっかくの名曲を楽しむ機会があったときに、どうしても商品を思い出してしまうし、

 わざと不快にする炎上行為も、嫌な人間のことを忘れられないのと同じような人間の心理を悪用しているともいえる。

もしかしたら近い将来、これらの方法は禁止になるかもしれない(*これはイメージです。も禁止になるかもしれない)

 正直な話、もうすでに僕の脳の容量の5%くらいはCMで埋まってしまっているんじゃないだろうか。テレビ番組もyoutubeも観過ぎた……。

 これからは、CMとは何かを分かって、適切な距離をとっていけたら良いなと思う。

タイトルとURLをコピーしました