人間関係

人間関係

人間、見た目や顔が重要なのを割れせんべいが証明している

 最近はよく割れせんべいを食べる。特にテレビを観るときなんかに。  割れせんべいとは、いわゆる「ワケありせんべい」である。  製造過程で商品にひびが入ったり、割れたりして傷がついてしまい、本来の形では売れないものを「見た目は悪...
人間関係

集団で話しているときに背を向けて遮断する人の意地悪さ

人間は他の動物とは比べ物にならないほどの知性を持っているけど、それでも動物と同じように群れをなす。  ちまたにいう派閥と言うやつだ。人間となっても集団で固まり、やはり大抵の動物のように上下関係があって、ボスの猿みたいな人がいる。 ...
人間関係

ニートになったらやること

 まず、現役である僕からしてみると、この「ニートになったらやること」という言葉には大きな罠がある。   それは、大抵の人がこの"やること"を"やるべきこと"と捉えてしまいがちであるということである。  たしかに、人生が人それぞ...
人間関係

「最近何してるの?」に対する返答集

 再会の手始めによく使われる言葉で、社会人にとっては何のこともない質問で、ただのあいさつ代わりだ。大抵はどこでどんな仕事をしているだとか、子供や奥さんがどうだとか答えるだけで、簡単な話ができる。  しかし、ニートにとっては別問題だ。...
人間関係

他人の不幸は何の味か?

気まぐれに棚を掃除していたら本かなんかに挟まっていた壇蜜のDVDがポロリと出てきた。こけろと念じたら、丁字路のところで車に轢かれた。実は「日本に生まれてよかった」という言葉の陰にその喜びが潜んでいる。他人の不幸は人間の本能的な欲求であるということだ。
人間関係

辛い時に聞こえる他人の笑い声

つくづく人は他人に無関心であると思う今日この頃。そう思うのは人に関心があり過ぎるからかもしれない。それだけ人に関心があると心も疲れる。考えすぎている人に考えすぎるなと言うのは逆効果で、「それができれば苦労しねえ」という話だ。
人間関係

世の中はバトルロワイアル

世の中はバトルロワイアルだ。人間は人間を食べて生きている。今回は「人が人に攻撃されたときにどうやって防衛するか」で人のタイプを分類してみた。流しそうめんなんてものは、上流、下流のポジションによってそのまま人間関係の階級を表してしまう。
人間関係

ニートに対する人々の反応

ニートとは社会から遠く離れた存在であるけど、それが遠ざけられているからなのか、自ら遠ざかっているからなのかは人の考え方次第だと思う。非難する人(皮肉も含まれる) 羨む人 許容する人(無関心) 隔てない人 たとえ根拠がなくとも自分自身で自信を持つ指針を持ってもいいんじゃないか。