ニートにオススメのアニメTOP3【アニメ初心者向け】

ニートにオススメのアニメTOP3【アニメ初心者向け】 アニメ
ニートにオススメのアニメTOP3【アニメ初心者向け】

 「ニート おすすめ アニメ」と検索して出てくるアニメのほとんどは、ぼっち系主人公が急にモテる話やニートや無職が急に異世界に飛ばされ、活躍し、やっぱり急にモテる話ばかりだ。

 確かに性格や現状に共感ができるし、自分と似た主人公がモテるのを見て、もしかして自分もモテんじゃないか、とちょっとした期待感も感じる。

 しかし、そういった作品は「はい、君と似た主人公、はい学校で一番人気のヒロイン、はい主人公好きになりましたよ」という製作者の安易な考えが透けて見えて、冷めてしまうことが多い。

 僕が思うにそんなものはニートに限らず視聴者が本当に求めているものではない。

 ただ現実を忘れられれば、良いわけじゃない。引き込まれた後に自分の人生に戻ってくるものがある。それが大事だと思う。

 今回は無数のアニメを視聴した僕が、ニートにおすすめのアニメを紹介したいと思う。あまりアニメを見たことのないニートでも見れるようなアニメをピックアップしてみた。

 もちろん、ニートでなくても楽しむことができるし、見終わったら記憶を消してもう一度見たいと思うことだろう。

 いち早く観てほしいので、1位から発表します。

1位.ARIA

ARIA The AVVENIRE 特別PV ロングver 9月6日Blu-ray発売!

 まずニートになった人が真っ先に観るべきアニメ。癒し系アニメは数あれど、このARIAはその上位ジャンル、ヒーリングアニメだとネット上で評価されている。

 先ほど”本当に大事なのはいかに心を動かしてくれるか”だと言ったけど、このアニメは心を動かすというよりは心を洗う。このアニメを観ると雨が泥を流すように心が洗われるのである。

 僕がニートになったばかりのつらかった頃はこのアニメを毎晩見て泣いた。本当にオススメ。

 あらすじ

惑星改造により生まれた水の惑星、「アクア」。
その観光都市ネオ・ヴェネツィアで皆が憧れる職業は、
ゴンドラを操りウンディーネと呼ばれる水先案内人です。
15才の少女、水無灯里(みずなしあかり)はウンディーネになることを夢見て、
マンホームからアクアにやって来ました。
その灯里が日々修業に励むのは、誉も高い水の3大妖精のひとり、
アリシア・フローレンスが経営する水先案内店「ARIAカンパニー」。
姫屋の藍華や、オレンジぷらねっとのアリスと一緒に、悩んだりすることもあるけれど、
プリマ・ウンディーネを目指してがんばっています。

http://www.ariacompany.net/3rd/story.html

 この作品の素晴らしいところは何も起きないところだ。

 敵がいるわけでもないし、誰かが死ぬこともない。舞台はテラフォーミングされた惑星というsf設定だけど、別に帝国軍や反乱軍が襲来することもない。

 イタリアのヴェネツィアをモチーフとした観光都市ネオ・ヴェネツィアの日常が窓の景色のようにゆったりと移り変わるのを視聴者はひたすら観ることになる。

 感動的な展開で泣かせるアニメは数多くあれど、何も起きないのに、涙があふれるアニメはARIAくらいだ。

 作りこまれた設定はキャラクターに様々な行動を促し、素晴らしいBGMが優しさや切なさを包み込んでいる。

 気が付いたら涙が頬を伝っている、そんな世界観だ。

魅力あふれるキャラクター

 ARIAの素晴らしいところは世界観だけではない。登場するキャラクター全員に思わず好きになってしまう魅力がある。

 全てのキャラクターには、人を傷つけようという悪意がまるでない。全員が全員良い人間なのだ。これは人間として成熟しているというわけではなく、むしろそれぞれのキャラクターには悩みがあって葛藤がある。

 だから視聴者はキャラクターをありきたりな信号としてではなく、一人の良い人間として感じることができるのである。

 キャラクターは漫画やアニメらしくデザインされていて、普段アニメを観ない人は困惑するかもしれないけど、アニメ特有の掛け合いやデフォルメなどに慣れるのにいいかもしれない。

 人間の情緒深いところをキャラクターの内面を通して表現するシーンに涙は必須であり、ティッシュを一箱用意しておこう。

(男がヒロインの髪を引っ張ったり、アイスクリームが路上に投げ捨てられたりする、現代の感覚では気になるシーンがあるけどそれは気にしないようにしよう)

三期もあるよ。

ARIA The ANIMATION(第1期)
ARIA The NATURAL(第2期)
ARIA The ORIGINATION(第3期)

新作アニメーションもあるよ。
ARIA The AVVENIRE(新作アニメーション)

hulu amazon-prime u-next dアニメストアなどで観れるよ。

ARIA公式サイト http://www.ariacompany.net/
copyright (C)2008 Kozue Amano/MAG Gaden・ARIAcompany All Rights Reserved.

2位.あの日見た花の名前を僕らはまだ知らない

 泣きアニメの定番。また、キングオブ一般人にオススメされるアニメである。

 アニメらしからぬドラマ的な展開に演出。9割の人が泣くであろう最終話。

 観たことがない人はまずこれを観るべきだろう。

あらすじ
 「超平和バスターズ」という名の下に集まった6人の小学生。山に囲まれた自然豊かな場所で彼らは秘密基地に集まり、毎日遊んでいた。しかし、ある出来事をきっかけに「超平和バスターズ」は解散、全員が後悔や負い目を抱えたまま疎遠な関係になった。  高校生となった彼らは、とある少女の願いを叶えるために再び集結し、「超平和バスターズ」を再結成した。そして過去に抱えた思いと向き合い、それぞれの思いが交錯する。

 主人公は学生で、別にニートではないけど、物語の導入では様々な不幸から半ば引きこもり生活を送っている。

 普通の中高生が「どこにでもいる普通の高校生だ」という導入ですっと物語に入れるように、ニートは特別この物語に共感できるだろうと思う。

 また、舞台は埼玉県秩父市をモデルとしていて、その自然豊かな光景は物語の肝である過去と現代の差をより訴えかけてくる。

 そして、なによりこの作品を強く印象付けているのは、、である。

 青く澄んだ空に浮かぶ入道雲、木漏れ日の神社、熱気に満ちた夏祭り、鮮やかな花火。甘酸っぱい恋。

 ”あの日見た”夏の光景がこの作品には詰め込まれている。こういう要素は調子が悪い時に摂取すると胸が苦しくなってしまうけど、それだけ心にズシンと来る良さがある。

公式サイト

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

(C)ANOHANA PROJECT

3位.花咲くいろは

「劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」劇場本予告編

情熱と青春をテーマした作品。良質なアニメーションを生み出すアニメ制作会社P.A.WORKSの作品で、お仕事シリーズ、働く女の子シリーズの第一弾である。

 石川県の湯沸温泉をモデルとした地方の温泉旅館、喜翆荘(きっすいそう)を舞台に主人公たちが働くことを通して成長する姿を描く青春お仕事(あるようでない恋愛要素)アニメだ。

 「あの花」が月9ドラマならば、「花咲くいろは」は朝ドラという感じだ。だから、ご都合主義のアニメ的な脚本が好きじゃない人にもおすすめだ。

キャラクター

 主人公 松前緒花はたった一人で慣れない仕事や癖のある人々に立ち向かう。一生懸命に働く姿を思わず応援してしまうことだろう。

 キャラクター原案はめちゃくちゃ可愛い女の子を描くことで有名な人気イラストレーターの岸田メルが担当。


アトリエ ~アーランドの錬金術士

お楽しみ

 まるでNHKの朝ドラのようだと評判な作品だけど、深夜アニメなので、お色気要素もある。

 お客が書いた「温泉仲居 泡まみれの新人研修」という官能小説を間違えて読んでしまったり、きわどい服装で集客を試みたりする。そもそも舞台が温泉旅館なので、毎日が温泉回だったりする。

 成長をテーマにした朝ドラ的展開と同時に、こういった深夜アニメらしい展開も楽しめる。よほど、下ネタが嫌いじゃない限り、観て損はないだろう。

 もちろん、そういった要素はあくまでもおまけで、この作品の魅力は働く青春という珍しいものを温泉旅館の人々の人間模様を通して感じることができる点にある。

 ニートにとって余計になりがちな働くという要素が、アニメテイストによって好感触になっていて、嫌な思いをせずに働くとは何かを考えることができるだろう。

 公式サイト
 http://www.hanasakuiroha.jp/tv

 (C)2012 花色旅館組合

最後に

 中にはアニメを敬遠する人もいるだろう。たしかに現実にはない独特な雰囲気に胸焼けしてしまうこともあるかもしれない。

 しかし、そういう人ほど自分好みのアニメを見つけ出す楽しさにハマる素質がある。

 その楽しさが分かってもらえたらすごく嬉しい。この記事がその参考になればと思う。

 (ARIA おすすめです。)

タイトルとURLをコピーしました